ビジネスフォームの工程の流れ


flow.jpg

① 打ち合わせ

お客様

  • 入稿条件(一からなのか他社作成物があるのか)、印刷の内容、デザイン、スケジュール、納品条件などをお伝えください。
  • 他社で作成した現物がある場合は、サンプルおよびロゴマークなどのデータ有無を確認させていただきます。
  • ご遠方の場合でも柔軟に対応させていただきますので、一度ご相談くださいませ。

キング商事

  • お客様との打ち合わせ内容を整理し、そこで再確認する必要性がある場合にはご連絡いたします。
  • お客様の意向が伝わるように制作部と打ち合わせ、この内容を正確に制作部門に伝えます。
  • 親切、丁寧を心掛けて対応いたします。疑問点やどんな意向でも気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

② 版下作成

お客様

  • お客様にご協力いただくことはございませんので、弊社にて版下作成が完了するまで安心してお待ちください。なお、その間で仕様変更等が発生しましたら、なるべくお早目にお伝えください。

キング商事

  • 版下作成のための専用指示書を作成します。それを基に、制作部門にて正確な作成を進めてまいります。必要に応じてロゴデータの作成や地図のトレースをおこない、版下を仕上げてまいります。
  • 制作現場にて最終的な文章のチェック、体操の確認をおこないます。

③ 校正

お客様

  • 版下にて印刷の前に間違いがないかご確認いただき、修正点がございましたらお伝えください。
  • 修正後、再度ご確認いただき、問題なければ印刷作業を進めてまいります。
  • 万が一間違いがあったまま印刷してしまうと取り返しがつきませんので、必ずご確認はおこなっていただきますようよろしくお願い申し上げます。

キング商事

  • 弊社営業担当は作成した版下と原稿と見比べて、間違いがないかの確認とレイアウトの確認をした後、訪問可能な場合はお客様のもとへ版下をお持ちいたします。遠方等で訪問が難しい場合はPDF等ご要望に応じて各種データ形式で版下をお送りいたします。
  • 修正が発生した場合、校正ゲラと初校を見比べて、修正が確実に行われているかを確認します。
  • 再度修正が発生した場合は、この作業を繰り返し三校、四校、五校と続くこともあります。

④ 印刷

お客様

  • お客様にご協力いただくことはございません。弊社にて印刷完了するまで安心してお待ちください。

キング商事

  • 校了後、版下データから刷版を作成します。必要に応じて、特別色はインキを混ぜ合わせて指定通りの色を作成したり、ミシンや穴開け加工、ナンバーリングなどをセットします。
  • 刷版をセットし、見当合わせ、インキの濃度調整、印刷位置、キズや汚れなどを確かめながら印刷します。終了後はインクが乾いたことを確認してから仕上げ作業をおこないます。

④ 出荷

お客様

  • 発送日、納品場所をご指定のうえ、商品が届くまでお待ちください。
  • 納品する地域により弊社より営業担当または配達員が直接お持ちするか宅配便(委託)による発送となりますので、ご認識のほどよろしくお願い申し上げます。

キング商事

  • 梱包および放送は商品を傷めたり、折れたりしないように十分に配慮し、送り先や数量などに間違いがないか十分に確認したうえで納品いたします。
  • 条件によっては分納契約により、必要数のみ定期的に出荷(納品)させていただき、残りは預かりというかたちで対応可能です。